主婦のアレコレソレドレ

主婦でありママであり会社員であり女性である

取り入れたかったけど、あきらめたインテリア7つ

アンティーク家具は後ろ髪引かれる

 

こんにちは。

 

おうちつくり計画中に断念したものって色々ありますよね。

取り入れたかったけど…あきらめた。

わが家のあきらめ項目を理由と一緒にご紹介します。

床 無垢材

床を無垢材にする。ずっと憧れでもあったし、当然自分でおうちづくりをすることになったら採用する、とまで思っていました。

しかし、昨今のウッドショックの影響で無垢材が高い高い!!!

更に、無垢材の知識があまりなかったのですが、天然素材なので反りや縮で隙間ができて埃が溜まる、少しの衝撃で傷やへこみができる、ワックスがけなどのメンテナンスが大事、などズボラな私と小さい娘との相性が悪すぎて…。あっさり断念しました笑

次もし家作るなら、ぜひ取り入れたいですけどね。

キッチン床 タイル

キッチンの床はフロアタイルを採用したのですが、本当は本物のタイルを敷きたかった。やっぱり質感は本物が一番いいですよね。

しかし、冷たい、固い、シミとかできたらお手入れが大変そう…という理由(あと金額が高い)でやめました。ただでさえ一軒家の一階は冬には辛い空間なのに、さらにひんやりする素材はちょっと…と思ってしまいました。

アンティーク家具

アンティーク家具っておうちのシンボルにもなりますよね。

私が取り入れてみたいなと思っていたのは、アンティークの食器棚です。

2Mほどの大きさで上がガラス扉で下は棚になっているタイプがいいですね。

しかし、サイズが大きいんです。重厚感もすごくて、迫力もある。

それだけ目立ってアクセントにもありますが、しかし我が家は小さいおうち。

炊飯器などの家電を置くスペースも必要です。

もっと広くて大きい家なら採用した憧れの家具です。

小さいスツールとかポイントでアンティーク家具を取り入れてみようかな。

腰壁の木材装飾

腰壁については、本当に最後の最後まで悩んで悩みました。

元々はインスタで見たグレーのモルタル風クロスにしようと思っていたのですが、せっかくの腰壁にもう少しスパイスを入れたいと考えて、調べたのが木材を張るデザインでした。

すごく可愛かったんですが、床材や他のインテリアの木材との兼ね合いがどうなるか想像するのが難しくて、相性が悪かったらイヤだな、と思って断念しました。

また、頼んだリフォーム会社がこちらのイメージする感じに仕上げてくれるのかが非常に危うかったので…。

結局、腰壁部分はエコカラットにしました!

洗面所・キッチンのタイル張り

タイルとボウルの相性がとてもかわいい

洗面所やキッチンなど水回りにはタイルを張りたい!

結構序盤から考えていて、タイルの候補もあれこれと調べていたんですが、ふと実家の古くなったタイル目地が頭に浮かんでしまいました。

水辺にタイルはとにかく目地の手入れがめんどくさい。

白い目地は汚れるし、ボコボコしているからホコリもたまる。

とにかく手入れが面倒なのはキレイを維持できないのでやめよう。と潔くあきらめました。可愛いタイルはたくさんあったんですけどね。

真鍮の装飾品

真鍮のインテリア小物や装飾品、とってもかわいいですよね!SNSでも見かけます。

しかし真鍮アイテムはほとんど取り入れませんでした。

わが家は白×グレーメインのおうちなのでゴールドよりもシルバーやブラックがしっくりきます。(自分がブルべだからシルバーがいいというのもあるかもしれません笑)実家もシルバーの装飾品が多かったのでその影響もあるかもしれませんが。

それに真鍮はなんとなく流行り廃りがありそうで…。採用する勇気が出ませんでした笑

おまけ 吹抜け

そもそも実家が2階リビング天井高で、冷暖房の効きが悪いことを知っていたので採用の考えは最初からなかったのですが、やっぱり吹抜けがあると見た目も開放的な空間になっていいですよね。広く見えるし。部分的にでも吹抜けがあったらよかったかな?とも思いますが、そんな空間に余裕もなかったのであきらめました。

まとめ

これまでまとめると、とことん可愛さよりも手入れや掃除のしやすさを取っていたんだなって気づきました。笑

みんなが住みやすい清潔感がある家にしたいと考えていたら、装飾はあまりない掃除しやすいハウスになりました。これはこれで、わたしのライフスタイルに合わせた結果なので、後悔はない!はずです。

 

もしおうちづくりで、採用しなかったけど本当によかったのかな、と不安に思った時はあきらめた理由をもう一度洗いだすとスッキリしますよ!